Pocket

春頃から、諭吉の前歯の歯肉が

後退し初めていたのですよね。

手術前、諭吉前歯上

前歯下、抜歯前、諭吉

諭吉の場合、お口が小さくて歯も小さく

歯と歯の隙間を磨くのが難しいので

念入りに歯みがきをいたのですが

見えないところで歯石が

溜まってしまっていました。

前歯が数本グラグラし始めたので

思い切って担当の獣医さんに

歯石除去と抜歯をお願いしました。

実は、昨年8月に杏ちゃんも

残留乳歯の抜歯の手術と歯石除去をしました。

杏ちゃんの抜歯手術については

また今度、記事を書きたいと思います。


スポンサードリンク


犬の歯石除去・抜歯は全身麻酔

人と違って、犬は動きます・・・。

動物病院での歯石除去・抜歯は

ほとんどが全身麻酔になります。

麻酔なしの歯石除去もありますが

動物病院で行っているところは

まだまだ少ないです。

以前、何度か諭吉たちも

麻酔なしの歯石除去をしていただきましたが

かなり、細かな個所まで取るのは困難でした。

しかも、回数を重ねると

歯の表面のエナメル質が取れてしまい

却って、歯石が付きやすくなってしまいます。

全身麻酔の場合は、超音波スケーラーを

使っての歯石除去が一般的だそうです。

諭吉たちもそうでした。

超音波スケーラーは

不快な振動や痛みもなく

歯にダメージを与えることなく

歯石を除去できます。

しかし、全身麻酔は人でもそうですが

必ずしも100%安全ではありません。

ふたりとも去勢・避妊手術をしていないので

今回が初めての全身麻酔になりました。

諭吉8歳、杏ちゃん7歳なので

決して安心ではないお歳です。

でも、通っている動物病院は

ほとんどが人用の機械を導入し、

麻酔での事故は今まで一度もないと

いうことだったので

担当の獣医さんに納得がいくまで相談し、

全身麻酔で抜歯と歯石除去を

することになりました。

人も動物も歯は大事!

ごはんを食べるとき

杏はよく噛んで食べているのですが

諭吉は、ほとんど丸呑み状態です。

どちらかというと諭吉の方が

歯石は溜まりやすいです。

歯石・歯垢が蓄積されると

まずお口が臭くなります。

歯石は歯ぐきの周りに

あるものしか意識されませんが、

重要なのは、歯肉に隠れた

奥深い位置にある歯石を除去することなのです。

人間の歯でも、歯肉が後退しますが

歯肉が後退して、細い歯根が見えるように

なっていても、歯全体の半分も見えてはいません。

歯って思った以上に長いんです。

その、長い長い歯の根っこの奥深いところに

血液由来の茶褐色の歯石がつくと、

通常の歯石取りでは

そこまで取らないので

いずれ、歯槽骨という、歯の根っこが

刺さっている、歯と直に触れている箇所に

炎症が起きて、歯槽骨が溶けるようになります。

そうすると、歯の根っこの周りに

隙間ができるため、歯がグラグラになります。

諭吉に起きたのはこれだったのですね。

こうして歯周病が進行すると、

歯根部の炎症や場合によっては

痛みを伴うようになり、

食べ物を噛むと痛がったりします。

さらに進むと、骨や鼻腔に穴が開いて

(ろう管形成)しまうこともあります。

鼻腔炎が発症し、鼻水・くしゃみ・よだれなど

呼吸器の病気にもつながります。

もっとひどくなると

骨折や皮膚に膿がたまり

穴が開いてしまうこともあります。

診察日初日

6月1日に相談に行って

獣医さんとしっかり話し合い、

抜歯と歯石除去を決めましたが、

まず、全身麻酔をして手術に

耐えられる健康な体かどうか

健康診断をしました。

健康診断書、諭吉

エコー検査

血液検査

心電図検査

獣医の問診

すぐに結果がでて

健康で問題はないとの結果がでたので

6月7日に手術日が決まりました。


スポンサードリンク


手術日の当日

前日の21時以降は食べ物はダメ

なので夜のごはんは早めに食べさせました。

お水は、手術当日の9時まではOKですが

朝ごはんは抜きです。

胃の中に食べたものが残っていたら、

麻酔がかかったまま吐いてしまうと

肺に入る可能性があり、

入ってしまうと肺炎になってしまうからです。

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)ですね。

9時頃、諭吉を動物病院へ連れて行きました。

お決まりの書類にサインをさせられ

諭吉を預けて帰宅し、お迎えは夜の7時です。

担当の獣医さんが執刀医です。

14時頃「これから麻酔をかけて手術します。

約1時間くらいです。終わって麻酔から覚めたらまたお電話します。」

という電話がありました。

杏の時も心配でしたが

大丈夫だと思っていても、

やはり、心配しますよね・・・。

15時過ぎた頃に電話があり

「先ほど、麻酔から覚めてぼぉ〜っとしている状態です。

異常はありません。」ということでホッとしました。

19時に旦那と杏ちゃんとでゆきっちゃんをお迎えに行きました。

手術後の説明

モニター室に通されてから

獣医さんに、諭吉が抱っこして連れてこられました。

ちょっとぼ〜っとして

お疲れの様子だったけど

元気だったのでホッ!っとしました。

こちらは、まだ

手術前の写真です。

諭吉の抜歯、手術中前のモニター

しっかり、歯石が付いていますね。

抜歯も終わり、綺麗に歯石除去した

直後の写真です。

諭吉の抜歯、手術中後のモニター

諭吉の抜歯、手術中後のモニター2

CIMG5922_2016_6_6_4

すっかり、きれいになりました!

今回、抜歯された歯です。

2016年6月に抜歯した諭吉の歯

歯の根っこ部分にも

しっかり、歯石が溜まっていましたね・・・。

歯石除去の後は

歯石が今まで以上に付きやすいので、

しっかり、歯みがきしないといけません。

お家に帰ってきた、ゆきっちゃん、

やはり、お疲れの様子でした。

まだ、抜歯の痛みもあるみたいで

ぐったりです。

術後の諭吉

よく、がんばりました!

まとめ

犬の場合は、歯石除去も抜歯も

全身麻酔なので、かなりのリスクがあります。

高齢になると、体にかかる負担は大きいです。

しかし、歯にべったりと付いた

歯石を見逃す訳にはいきません。

費用の方も、それなりにかかります。

諭吉&杏は保険に加入しています。

今回請求した保険についてもまた

記事を書きたいと思います。

にほんブログ村 犬ブログ タイニープードルへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています


スポンサーリンク


Pocket